【超簡単】元祖エレクトロニカレーのYouTubeの作り方【動画編集方法】

 

こんにちは!シャチョーです٩( ‘ω’ )و

 

前回、YouTubeを始めた話をしましたが、今回はどういう風に動画を作っているのか詳細にお伝えしたいと思います!

素人がイチから調べて実践してる方法なので、数あるYouTubeの作り方の中でも超簡単バージョンだと思います!

YouTubeやりたいなーと思ってる方がもしいらっしゃったら参考になれば嬉しいです\( ˆoˆ )/

 

動画を撮る

 

これは前回もお話した通り、普段使っているiPhone Xで撮影しています。アプリも普通のカメラアプリのビデオ機能を使います。

使っている三脚はこちら。

2,400円でした。安い。

 

喋るだけのシーンは一回で撮ることが多いですが、レシピの動画など作業工程が多い時は何回かにわけて撮影しています。

動画ソフトで一本にくっつけることができるので、長すぎる一本の動画よりはわけて撮ったものを繋げる方が

動画編集が楽だなぁと思いました٩( ‘ω’ )و

 

撮影した動画は、パソコンに移行します。

私は撮影はiPhone、動画編集はMacBookなのでAirDropで移行していますが、SDとかUSBケーブルとかいろんな移行方法があると思われます٩( ‘ω’ )و

 

編集ソフトをインストールする

 

動画を編集するためのソフトをパソコンにインストールします。

私が使っているのはこちら。

 

無料でインストールできますが、動画編集したものを保存する時に無料版では使い物にならない(編集が完成した映像にfilmoraのロゴが結構大きめに入ってしまう)ので有料版の購入をおすすめします。

有料プランにはいくつか種類がありますが、私が使っているのはライフタイムプランです。

年間プランだと毎年6,980円必要ですがライフタイムプランだと8,980円ポッキリなので長く使うなら明らかにお得です。

ちなみに私はカワイさんに黙ってソフトを購入したので、このブログを読まれたらバレてしまいますねw

 

お支払いが完了したら早速編集です٩( ‘ω’ )و

 

filmoraで動画を編集する

 

いろいろ調べていると、動画をカットするのはこのソフトで、文字入れするのはこのソフトでみたいな、工程ごとに違うソフトを使いましょうみたいな記事がたくさん出てきたんですが

いちいち面倒くさいし手間がかかります。

そのぶん良い動画ができるのかもしれませんが、私はお店での営業もしつつYouTubeの編集作業をやっているので

そこまで本格的なものを作る余裕がないし、そこまでしなくてもいいと思っています。

 

正直、filmoraひとつでもそれなりの動画にはなりますので、本業や家事のかたわらでYouTubeを始める方はこのソフトだけでいいんじゃないかと思います。

 

もしヒカキンさんのような人気ユーチューバーになったら、たくさんお金と手間をかけたいと思います。(笑)

 

では編集方法について。

まずはソフトに先ほどの動画をインポートします。

動画をインポートした例

 

動画を作業スペースへドラッグ&ドロップします。

動画を編集する画面

 

動画を再生しながら、カットしたい場所で一時停止して、ハサミのマークで動画を分割します。

動画を分割する

 

ここからここまで、というふうにハサミで分割する場所を決めたら、パソコンのdeleteボタンで切り取ります。

動画を切り取る

 

歯抜けになった動画をドラッグしながらひっつけると一本の動画になりますので、要らない部分はこの作業を繰り返して編集していきます٩( ‘ω’ )و

 

切り取り作業ができたら、テロップを入れていきます。

なくても問題ないと思いますが、あった方が、何を言っているかわかりやすいし、専門用語などは注釈を入れることができるので便利です! 

テロップの入れ方

 

画面左上の「テロップ」をクリックして、左に出て来る種類の中から「字幕」を選択します。

いろんな種類がありますが基本あとで編集できるのでなんでも良いかと。

 

これも動画と同じように作業スペースにドラッグ&ドロップします。

作業スペースは映像に対してテロップは映像の上、音楽は映像の下にドラッグ&ドロップします。

テロップを挿入

 

そしたらドラッグ&ドロップした作業スペースにある字幕の部分をダブルクリックして、

文章や文字の装飾を変更します。

文字の編集

 

文字の大きさや色、フォントや挿入位置も変更できますので見やすいように変更していきます。

変更できたらOKを押します。

 

テロップや音楽は表示時間を変更できます。

作業スペースの字幕(または音楽)の枠を伸ばしたり縮めたりすることで変更できますので

喋っている内容に合わせて変更します。

 

テロップを入れ終えたら音楽を入れます。

これもなくてもいいと思いますが、なんか明るい感じになるので私は入れています。w

音楽を入れる

 

画面左上のオーディオをクリックして画面左に出て来る種類の中から音楽を選びます。

BGMや効果音までさまざまです。

 

ちなみに音楽は、filmoraの中にあるものの他に、フリー素材のサイトからダウンロードしたものを使うこともできます。

 

私が使っているのは

効果音ラボ

DOVA-SYNDROME

の2つです。

 

どちらも会員登録なし、報告なしで使えるので手軽に使えます٩( ‘ω’ )و

効果音ラボは、テレビで使われるような効果音がたくさんあったり

DOVA-SYNDROMEはおしゃれなBGMがたくさんあります!

 

ダウンロードしたら、動画と同じようにfilmoraにインポートして使用します。

 

あと、動画の音声と効果音などの音量は作業スペースの、なんかノイズっぽいやつ

音量変更

 

この横棒を上げたり下げたりして音量の変更ができます。

動画の音声は一番大きく(音割れしないか確認してください)

BGMや効果音は動画の音声がかき消されない程度に調整しています。

 

完成したらパソコンに保存だー

 

これで完成です。

エクスポートというボタンを押して

保存画面

 

このように設定します。(名前と保存先は何でも良いです)

 

これで、YouTubeに投稿するための動画が完成です!パチパチ!!

 

意外と簡単にできそうではありませんか?

慣れるまではポチポチ大変な作業ですが、慣れて来ると勝手もわかるのでサクサク編集できますよ!

 

何やらユーチューバーさんは動画編集を外注してる人もいるらしいので

これは覚えておいて損はないかもしれません!

 

どのソフトも基礎はこんな感じだと思うので、ここからどんどん応用編を身につけて極めし者になれば

ユーチューバーじゃなくて編集する人になるのもおもしろそうですね!

 

是非お試しください〜٩( ᐛ )و

 

最後までご覧いただきありがとうございました\( ˆoˆ )/