Airレジ・Airペイ使ったらめっちゃ便利!な話

こんにちは!シャチョーです٩( ‘ω’ )و

 

今回は、当店で大活躍中のAirレジ・Airペイのお話です!

 

最近いろんなお店で見かけませんか?お会計の時にiPadを操作しているところ。

あれ、実はレジなんです。スマートですよねー。カッコイイです!

クレジットカードを使う時なんかも、小さい端末で決済できたりして大変便利です。

 

当店ももちろんAirレジ・Airペイ使ってます・:*+.\(( °ω° ))/.:+

というわけで申し込み方法や設定方法、使える機能などご説明します〜( ^ω^ )

 

Airレジ・Airペイ導入のきっかけ

 

そもそもなんでAirレジ・Airペイを導入したのか。

当店は、Airレジを導入したのは最近なんですが、Airペイはオープン当初から導入していました。

 

よく、クレジットカードを使えるようにすると決済手数料が高いので飲食店オーナーは現金決済のみのお店にしたほうがいい!

という記事を見ていたんですが、私はお店を始めたらクレジットカードは使えるようにしようと決めていました。

 

私自身、買い物したりするときにカードやApple Pay、交通系ICカード(ICOCAとかSUICAとか)をよく使っていました。

現金のやり取りってちょっと煩わしいし、カードやSUICAやApple Payなら手持ちがなくてもOKなので普通に便利ですよね?

 

例えばSUICAとかICOCAなら、あらかじめ現金でチャージした金額分だけ使えば、

後から多額の請求が来ることもないし、使いすぎることもないし、お支払いもスムーズで、メリットしかなさそうな感じです。

 

今でこそPayPayとかLINE PayとかQR決済サービスも主流になってきました。当店もPayPayは導入しています。

が、やっぱりカードの方が使いやすい!っていう方もおられると思います。

 

というわけで、どんな人でも来てもらいやすいお店作りの一環として、現金以外の決済方法を用意しました。

 

Airペイの申し込み方法

 

申し込みはいたって簡単。

Airペイのお申し込みはこちら

↑ここから申し込みをします。もちろん申し込みは無料です。

店舗情報などを登録して、どのカード会社を使えるようにするか、交通系ICカード、Apple Payは使えるようにするかを選択します。

 

あとは決済するための端末も無料でレンタルできます。

控えを出すためのプリンターと、サインをもらうためのiPadは別途購入になります。

当店はiPadは手持ちのものを使い、プリンターは使用していません。

 

「プリンターがないのでお控えが出ませんが、メールで送ることはできますがどうされますか?」と聞くと

だいたいの方が控えは要らないと仰ります。

まぁイマドキ明細もネットやアプリから簡単に確認できるので、そういう時代ということですかね٩( ‘ω’ )و

 

もしプリンターやiPadが必要な場合はビックカメラやメルカリなどでも売ってます。

ビックカメラとかで新品を購入すると軽減税率対策の補助金が出るので、実質3分の1〜4分の1の価格で購入できますよ!

(補助金受け取りの申請が必要です。申請は自分でしないといけません)

 

で、Airペイの申請が完了したら、Airペイの審査、各カード会社の審査待ちです。

全部で約3週間ほど掛かったと思いますので、お店のオープンに合わせて導入する場合は早めに申し込んだ方が良さそうです。

 

間借り店舗はAirペイ使えません

 

実は、間借り営業時代にもAirペイの申し込みをしたことがあるのですが、実店舗ではないので使えませんという理由で

Airペイの審査に落ちました。ご注意を!

 

Airペイ、カード会社の審査に通ったら早速使える!

 

それぞれの審査の合否は随時メールで送られてきます。

審査が完了したものから使っていくことができます。

 

使い方はいたってシンプル。

 

まずiPadにAirペイアプリをインストール(無料)して、申し込み時に設定したアカウントでログインします。

Airペイ端末とiPadをBluetoothで接続します。

 

決済する金額を入力し、何で決済するか選択します。

選択した決済方法ごとに読み取り方が違います。

ICチップなしのカードは本体上にカードを通すところがあります。

ICチップありのカードは本体下から差し込みます。

Apple PayとかSUICAとかタッチするやつは液晶画面のところあたりにかざします。

 

読み取りができたら暗証番号の入力、もしくはiPadの画面にサインをもらって完了です。

メールでの控えが必要な場合はここでメールアドレスを入力してもらいます。

これで完了です。簡単ですねぇ〜。スムーズです。

ちなみにiPadとはワイヤレスでつながっていますので、Airペイ端末を席まで持っていけばテーブル会計もらくらくです٩( ‘ω’ )و

 

Apple PayとかSUICAは決済が完了するとあの、コンビニのレジでも鳴る決済完了音が鳴るので、おぉ〜っとなりますよ(笑)

 

Airレジの設定方法

 

Airペイアプリと同様、Airレジアプリをインストール(無料)して、同じアカウントでログインします。

商品の設定や担当者の設定をしたらすぐに使い始めることができます。

 

設定方法はこちらがわかりやすいと思います。

 

Airレジの便利なところ

 

当店はスタッフのおーちゃんが入ってからAirレジを導入しました。

それまでは電卓で計算してお会計をしていたのですが、おーちゃんはまだ商品の金額や割引サービスを覚えていなかったので

会計ミスをしたことがあったんですね。

これはいかん!と思い即導入しました。

 

Airレジを使うとあらかじめメニューによって金額が設定されているので、金額の間違いがなくなります。

割引名称をタップすると勝手に割引された金額が表示されるので会計ミスがなくなります。

合計金額に対して預かり金を入力するとお釣りが表示されるのでお釣りのミスもなくなります。

 

さらに、どこの席に何人お客様がいて、入店から何分経過しているかというのも見れるようになります。

当店は2階建で2階にも席があるので、1階の厨房にいると今2階の席が空いてるのかどうかがわかりませんでしたが

Airレジを導入したことで、Airレジを見るだけで空席状況がわかるようになりました。

滞在時間も見れるので、そろそろ帰られそうだな、とか、料理の提供が遅れてるな、というのも一目瞭然です。

 

そして、売上状況がリアルタイムで見れるのもとても便利です!

今までは伝票を合計するまで売上がわからなかったのですが、リアルタイムで見れると、あとどれくらいで売り切れそうやな〜とか

今日は落ち込んでるな〜とかが誰でも把握できるようになります。

 

しかも!締め作業もめっちゃ楽&的確になりました!

今までは伝票を全部計算してノートに帳簿をつけて、それをさらにクラウド会計サービスに登録してたんですが、

Airレジは複数のクラウド会計サービスと連携できるので

打ち込んだ情報がそのままクラウドサービスに登録されます。(マネーフォワードとかfreeeとか)

なので売上金に関しては閉店後に作業をしなくてよくなります。

レジ金をチェックする項目もあるので、釣り銭のズレもほぼなくなりました。

 

というわけでAirレジを入れて本当に快適になりました( ^ω^ )

 

他にもいろんなサービスがあってますます便利!

 

このように、当店はAirレジ・Airペイのみを使っていますが、リクルートは他にもiPod touchを使ったハンディ(注文取るときの機会)とか

シフト作成のツールとか、SUICAでタイムカードの打刻ができる端末とか、お仕事にまつわるさまざまなサービスを展開しています。

 

今までだったら大きいレジがあって大きい決済端末があって大きい打刻の機械があってパソコンでシフト表をぽちぽち作って・・・

というのが当たり前でしたが、時代は変わってますね!

どれもスマートです。機械も全部小さい!薄い!スタイリッシュ!!小さなお店にはもってこいです。

全てが連携されていて、ネット環境があれば他のサービスとも繋がる。素晴らしい!

 

当店も状況が変われば必要なサービスはどんどん取り入れていこうと思ってます。

 

ちなみにリクルートが提供するAirレジ関連以外にも、スクエアという会社の同じようなサービスがあります。

 

【カードリーダー実質無料キャンペーン中!】新規でSquareをご利用の方は今だけキャッシュバックでお得に!
月額固定費なし、決済手数料3.25%からのクレジットカード決済を。

 

リクルートとスクエア、この2社を筆頭に、他社も様々なサービスを展開していますので、状況に合わせて比較しながら、

お店にあったものを選ぶことができますね( ^ω^ )

 

店舗に合ったレジ選び無料でご紹介します【レジチョイス】

 

 

来月からの消費税増税とともに、軽減税率ポイント還元制度が始まろうとしています。

 

カード決済できるということは少なからずお客様がトクするお店になれるということになります。

小さな個人店は特に現金決済のみのお店が多いので、カード決済できるということは、

それだけで差別化をはかれることにもなるかもしれません。

 

なかなか面倒臭いシステムですが、始まるものはどうしようもありませんので

前向きに考えて行動しないとな〜と思っています٩( ‘ω’ )و

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました٩( ᐛ )و