完全版!お店のオープンまでにやることリスト

こんにちは!シャチョーです٩( ‘ω’ )و

 

今回は、カレー屋さん(飲食店)をオープンするにあたって、物件が決まってからしなければいけない事、やっておいた方がいい事をお話します!

 

といってもこれは、以前お話した不動産屋さんに教えてもらったことなのです(笑)

でも、不動産屋さんがやることリストを作ってくれたおかげで、しなければいけない事が明確になり

割とスムーズに準備ができましたので、是非皆さんにも共有したいと思います。

 

1.全体の行程表作成(日付を入れながら)

 

今から書く「やる事リスト」を見た上で、いつまでに何をするというのを決めるためのものです。

物件が決まる=だいたいのオープン日が決まるという事なので、全ての工程が間に合うように予定を組みます。

意外とやる事が多かったり、工事は順調に進むとは限らないので、余裕を持った行動をおすすめします。

 

ちなみに私たちもやる事リストは作ったのですが、台風の影響で工事がかなり遅れました。(何ならオープン日も遅れた)

でもこの行程表がなければ、工事が遅れた事でパニックになって、いろいろやらないといけない事が抜け落ちてただろうと思うので、かなり役立ったと思っています。

 

2.工務店打ち合わせ・工事予算決定

 

お店の工事をしてくれる業者さんと、どこをどう工事するか打ち合わせして予算を決めます。

一言で工事といっても、大工さん、水道屋さん、電気屋さん、塗装屋さんなどいろんな職人さんに携わってもらいます。

デザイナーさんにデザインを頼む場合はいろいろ決めてもらえるかもしれませんが、私たちは全て自分達でデザインをしたので(お金がなかったから)

電気屋さんにお願いして、大工さんや塗装屋さんを連れてきてもらいました。

相手方の都合もありますので、打ち合わせは早めにしておくのが良いかと思われます٩( ‘ω’ )و

 

3.インターネット・電話回線申し込み

 

これは早めに契約しておいた方がいいです!

固定電話をひかない場合は問題ないかもしれませんが、固定電話をひく場合は電話番号が発番されないと

ショップカード等の作成ができません。

オープン前でもショップカードがあれば知り合いのお店に置いてもらえたり宣伝になりますので

番号の発番→ショップカードの作成は早めにしておいて損はないです。

 

 

4.食品衛生責任者受講

 

飲食店をやる上で一人は必ず持っておかなければならない資格です。

講習を聞くだけで資格がもらえますが、講習は1日かかります。

大阪の食品衛生協会のホームページ 

 

5.近隣挨拶(工事開始前・オープン前)

 

近隣への挨拶はできる限り行った方が良いです!

工事中は大きな音で迷惑をかけますし、オープン後は匂いの問題や行列の問題など様々な問題が出てきます。

工事をする前とオープンする前に挨拶に行って、何かあっても大目に見てください的な空気を出しておきましょう(笑)

挨拶してみると、結構応援の声をかけてもらえたり、オープンしたら行くねと言ってくれたりするもんですよ。

 

私たちは工事前の挨拶の時に、1つ500円ぐらいの洗剤セットを持って挨拶に行きました。

 

↑こんなんとかも良さそうですね٩( ‘ω’ )و

 

6.メニュー内容決定・売価決定

 

この時点で決めたものが確定でなくてもいいので、どんなメニューを出すか、いくらで出すかシュミレーションします。

飲食経験がないとこの項目はめっちゃ苦労します。

「え、こんな料理でこんなにお金とっていいの?」みたいなおこがましいという感情が消えません。素人なので(笑)

 

私たちは毎日家で試作して、友達を家に呼んで試食してもらい味の評価をしてもらったり、

いくらだったら食べるかというのを聞いて参考にしながらメニューを決めました。

 

ただ、その時に決めたメニューは現在はほとんどやっていません(笑)

 

7.業者選定

 

食材やドリンクの仕入れ先を決めます。オープン後でも大丈夫ですが、毎日使うものなんかは業者が決まっていると安心です。

 

私たちは本当にお金がなかったので、冷蔵庫を貸してくれるという理由だけで近所の酒屋さんと契約しましたw

あとはお米やさんと、鶏肉屋さんもオープン前に取引してもらえるようお願いに行きました。

それ以外は毎日市場に仕入れに行ってましたが、最近は仕入れに行く時間ももったいないので、配達してくれるところと取引するようにしています。

 

初めてのお店だと実績ゼロなので、どれくらい売れてどれくらい仕入れるかメドも立たないと思うので

徐々に取引先を決めていけばいいかなと思います。

 

8.ゴミ回収・おしぼり契約

 

ゴミ回収は、事業用ゴミ回収業者と契約しなければなりません(家庭ゴミのところには出せない)

お店の市区町村の役所のホームページとかに業者一覧が載ってると思うのでそこから探します。

うちは毎日45リットルのゴミ袋2つと段ボールなどを回収してもらっていて月8,000円で契約しています(高い?)

 

おしぼりは布おしぼりを使う場合は契約しますが紙おしぼりの場合はアスクルとかで買えばオッケーです。

うちは最初は布おしぼりを契約していました(月1,000本まで7,000円、それ以降1本いくらか)が

予備のおしぼりや使い終わったおしぼりを保管する場所がなくなってきたので紙おしぼりに変えました。

 

9.電話番号決定後、広告・宣伝

 

電話番号が発番されたらまずショップカード、フライヤーなどを作成します。

当店はいつもラクスルを使っています。

 

 

領収書を作るために店舗印を作ります。ネットで検索したらたくさん出てきます。

 

工事中でも、○月○日オープン、〇〇屋さんですみたいなチラシや大きめのポスターはできるだけお店の外側に貼っておきましょう。

通りがかった人が見てくれればそれだけで宣伝になります。

 

ちなみにショップカードのデザインやチラシをつくるためにIllustratorなどを使うと便利です。

簡単な印刷はプリンターを買っておけばその場で印刷できます。

 

広告媒体業者に連絡

ホットペッパーなどに掲載してもらう場合はこの時点で連絡をして契約します。

当店は無料の媒体しか使っていませんので、食べログとかGoogleマイビジネスとかに自分で登録しました。

InstagramやTwitter、Facebookページも早めに作りましょう。

 

ホームページ作成

必要であればホームページを作成します。

当店はこのブログ式のホームページを最近自分で作りました。

業者さんに頼むと結構お金がかかりそう・・・。(十数万〜百万超え)

最近はSNSの時代なのでホームページはなくてもいいかもしれませんね。

 

 

10.お金管理

 

資金繰り表、支払日、支払い方法一覧表を作成します。

結構バタバタしてお支払いを忘れる事があるので要注意とのことです。

私たちは引き落としできるものは全て口座設定し、振込のものはネットバンキングの自動振込設定をしました。

業者さんは都度会計か、ゴミ業者などの月額契約の業者さんが会費の回収にきてくれるので問題なしでした。

ネットバンキングの自動振込設定は便利なので是非やっといた方がいいかと思います٩( ‘ω’ )و

 

11.帳簿記帳方法決定

 

最初は自分で帳簿を書いた方がいいそうです。私たちは今も帳簿をつけています。

普通のノートに、日にち・曜日・天気・フード売上・ドリンク売上・フード仕入れ・ドリンク仕入れ・備考欄を作っています。

書いていくと、いろんな気づきがあるのでおすすめです。

 

12.注文の取り方、会計の仕方を決める(バイトにお金を扱わせるか否か)

 

注文の取り方、伝票の書き方は全員統一していないとだいぶややこしいです。

決まりはないと思うのでみんながわかりやすく書きやすいように決めておいた方がいいです。

 

当店は私たち夫婦以外のスタッフを入れるようになってからAirレジを導入しました。

お釣りの間違い防止や、レジ金のズレを確認できるので導入してよかったです。

iPadがあればAirレジアプリをインストールするだけで無料で使えるので是非お試しください。

 

 

13.BGMを決める

 

ラジオをかけるのかUSENと契約するのかなどを決めます。

 

 

14.求人広告(媒体・SNS等)

 

求人を募集する場合は早めに募集をかけます。

すぐにいい人が来てくれるとは限りませんからね。

当店は求人広告を使って募集した事がないのでわかりませんが、タウンワークとかバイトルとか?

 

【工事完了・引渡し後

 

15.電気・ガス・水道使用開始届け、保健所届け

 

工事が完了したら早めに電気ガス水道の契約をします。家と同じですね。

あとは保健所に、ここでいつから営業しますと届けを出して、お店に問題がないか検査に来てもらいます。

この検査に通らないと営業開始できないので早めに各市区町村の保健所に申請しに行きます。

 

16.調理器具・清掃用具・備品等購入

 

ここが一番大変です。買っても買っても足りない気がする負のループに陥ります。

そしてどんどんお金がなくなっていきます(笑)

100均などで安く抑えれるものは抑えるようにしましょう。

まず100均に探しに行って無ければ他で買う、みたいな。

 

17.税務署青色申告届

 

これもオープンまでにしないといけないそうです。確定申告の時に税金の軽減効果があるそうです・・・

(詳しくはググってくださいw)

 

18.最終調整・プレオープン日程決定

 

いよいよオープン間近です!

お店で実際に試作したり、原価を確認して、最終的な売価を決めたりします。

プレオープンをしたりレセプションをする場合は日時を決めて招待する人に連絡をしたり、SNS等でお知らせします。

メニュー表の作成もお忘れなく!

 

 

というわけで、不動産屋さんに教えてもらったやる事リスト18個でした!

長かった!

実際にこうやってリスト化されても全てのことがスムーズにいくわけではありませんが

ないよりはあった方が良い!

もしお店を開業される方がいらっしゃったら参考になれば嬉しいです٩( ᐛ )و

 

最後までご覧いただきありがとうございました\( ˆoˆ )/