今も忘れられない間借り営業時代の失敗談vol.1

こんにちは!シャチョーです٩( ᐛ )و

 

今回は、間借り営業時代の失敗談をお話します!

失敗談なんて、間借り時代も今も腐る程ありますし絶賛量産中wなので

このテーマは今後も継続するかもしれません٩( ‘ω’ )و

 

第一回目は間借り時代、一番記憶に残っている最大の失敗談です。

 

長蛇の開店待ち事件

 

あれは間借り営業を始めて4ヶ月ぐらい経った頃だったと思います。

初めて掲載された究極のカレーが発売された直後の営業でした。

 

私たちは「究極のカレー」という雑誌のことをよく知りませんでした。

正直掲載してもらうまで読んだこともありませんでしたので

取材の依頼をいただいたときも

何かわからんけどカレーの雑誌に載るらしい!やったー!

みたいな感じで、どれだけすごいものなのか、本当によくわかってなかったのです。

 

いつも通り開店準備をしていると、お客さまが開店待ちをしてくれました。

わ〜待ってくれてるね〜なんて話してたら、どんどん列が伸びていきます。

最終的に15名ほどの列になりました。

そんな事は初めてでしたし、何でそうなっているのか見当もつかないので

(後になってあれは究極のカレーの効果だろうという話になりました)

 

「・・・・・・・・・・・・・・?」(フリーズ)

 

となり、オープンが近づくにつれ体が震えてきました。

 

 

なんども言いますが私たちは飲食の経験がないので、この列をどうしたらいいのかを知りません。

 

なんかめっちゃすごいことになってるけどオープンの時間やから店開けなあかんという気持ちだけで

お店のドアを開けました。

 

振り返ったら地獄

 

「いらっしゃいませ〜どうぞ〜」とお客様を中に入れ、満席になったのでドアを閉めて振り返ると

 

 

・・・・あれ?順番がわからない。

 

いつもは開店待ちなんてほとんどないので、好きな席に座ってもらって、こちらもそれを把握できていました。

なので、いつも通りすきな席に座ってもらったら、入ってこられた(並んでいた)順番がわからなくなったのです。

 

今思えば、こんな当たり前のこと・・・と思いますが、開店待ちという行為を私自身したことがなかったし

まさかうちの店に開店待ちができるなんて予想もしていなかったので、全く想像がついていませんでした。

 

誰が何番目に並んでてどの席に座ったかわからない。

そしてこの状況を対処する方法もわからず完全にパニック!

もう頭が真っ白でした。

 

カワイさんも必死にカレーの準備をしているので状況を把握できておらず、

とにかく記憶を頼りにこの順番で入ってきただろうと勝手に決めつけてオーダーをとっていきました。

 

さらに動揺のあまり、テーブルに運ぼうとしていたグラスを何個も割ってしまったのです。(しかもホールで)

 

これにより私は完全に思考停止。

いろんなミスが重なったその状況、空気が怖すぎて体が動かなくなりました。

 

なんとかカワイさんに割れたグラスの片付けを手伝ってもらいカレーを運ぶと

「早くに並んだのに一番最後にカレーが出てきた」とお客様に言われました。

 

もう1000%私の不手際なので謝り倒すしかできませんでした。

とてもいいお客様だったので許していただけましたが

謝ってもこのお客様の時間は返ってこないのに・・・と思うとすごく情けなくなって

お客様が帰られた後、厨房で大泣きしてしまいました。

 

涙は止まらないし体の震えはおさまらないし、もう最悪です。

カワイさんも必死に励ましてくれましたが、一切の自信を喪失していた私は

もうホールには出れないと言いました。

 

厨房が完全に隠れているお店だったのでカワイさん一人でお店をまわすこともできず

その間もどんどんお客様は外で並んでくれていたのですが

その日は「売り切れました」と嘘をついて、並んでくださっていたお客様にはお帰りいただきお店を閉めました。

(本当にすみません)

 

失敗から学ぶ

意気消沈のまま片付けを終え家に帰りましたが、このまま落ち込んでてもどうにもならないということで

次の営業でまた開店待ちができたらどうするか、二人で一生懸命考えました。

次の営業までの一週間、お互いに無い知恵を絞り出して考えまくり、

翌週からの営業はなんとかうまくいくようになりました。

 

本当に今思い出しても泣きそうになるぐらい辛くて情けなくて申し訳ない経験でしたが、

あの時に失敗していてよかったな、とも思います。

きっとあの日のことがなければ、実店舗をオープンしてから今よりもっと困難が多かったと思うからです。

 

それまでの私たちは、飲食の経験がないあまり、ひとつひとつ知識を入れていくのに精一杯で

こうしたらこうなる、こうなったらこうする、というような想像とか応用とかは全くできていませんでした。

 

そしてそういった細かい情報は、ネットにも本にもほとんど書いてありません。

本当に現場で起きていること、大事なことは、失敗してでも経験して、そこから学んでいくしかないんだなぁと

実感しました。

 

というわけで、

これからもいろんな失敗をすると思いますが、ちゃんと受け止めて改善して、

成長できるお店でありたいと思っていますので

どうぞ暖かく見守ってくださいm(_ _)m

 

 

P.S.「一番最後にカレーが出てきた」と注意してくださったお客様ですが

先日、実店舗に来てくれました・:*+.\(( °ω° ))/.:+

かなり迷惑をかけたし不快な気持ちにさせてしまったし、もう絶対に来てくれないだろうと思ってたので

めちゃくちゃ嬉しかったです!!

 

あの日に来ていただいていた皆さま、改めて本当に申し訳ありませんでしたm(_ _)m

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました∩^ω^∩