【簡単】Ubereatsの登録方法【レストランパートナーに登録する】

こんにちは!シャチョーです٩( ‘ω’ )و

 

前回お話した、レストランパートナーとしてUbereatsを導入するための費用に続きまして、今回は

レストランパートナーとしてUbereatsを導入するための登録手順をご紹介します!

 

割と面倒くさそうに感じてましたが登録してみると簡単で、すぐに取り入れることができました。

是非ご参考にしてください٩( ‘ω’ )و

 

レストランパートナーに登録する

 

まずはUbereatsレストランパートナーのサイトから情報を入力し申し込みをします。

申し込みはこちら。

 

申し込みができたらUbereatsの担当者から電話がかかってきます。前回の記事でも書いた料金や仕組みについて説明を受けて

同意したら今後の流れについてメールが届きます。

手順通りに、メールで届いた電子契約書にサインをします。

 

次に撮影予約のページから、撮影日を決めて予約をします。これは後日日程を変更することもできます。

 

続いて店舗情報(メニュー、営業時間や定休日の設定)を登録し、営業許可証をメールで送付します。

 

メニューは専用の記入ファイルに、カテゴリー、メニュー名、説明文、金額を全て記入します。

これが15品目以上あると本当に面倒くさい・・・。

 

あとは撮影日に撮影する商品を準備して、撮影してもらえばOKです。

ちなみに撮影は60分間と決められているようなので、撮影時間までに全て準備しておいた方が無難です。

 

その後は、情報や写真を元にUbereats内でのお店のページを作ってもらい、専用タブレットがお店に送られてきます。

 

タブレットが届いたら、担当者と電話をしながら操作方法のトレーニングを受けます。

 

そして売上金の振込をしてもらう銀行口座の設定をします。

 

ここまで出来たら後日、営業開始日のお知らせメールが届きます。メールに記載された営業開始日からUbereatsで商品の販売ができます٩( ‘ω’ )و

 

手続きを迅速に行うと初期費用が割り引かれる

 

上でご紹介した手続きの

・電子契約書にサイン

・撮影日の予約

・店舗情報の登録

この3つを5営業日以内(7日以内)に行い、なおかつ登録するメニューを15品目以上にすると、なんと初期費用が半額になります。

なので、お店を営業しながらだと結構面倒臭い(特にメニューの登録)んですが、ここは駆け足でやった方がいいです。

5万円もお安くなるのでやらない手はないですね٩( ‘ω’ )و

 

ちなみにUbereats内での営業時間はお店の営業時間と必ずしも合わせる必要はないので、例えばお店の暇な時間帯だけ受け付けるとかもできますし、お店が急に忙しくなったら「一時閉店」みたいな設定ができたり「ピックアップを遅らせる」ことができるので

基本的にお店のペースに合わせてUbereatsを営業にしたり休業にしたり、配達時間を遅らせたりと自由自在です。

なので、できる時だけやる、というスタンスで使えばとっても便利です٩( ‘ω’ )و

興味がある方は是非登録してみてはいかがでしょうか〜٩( ᐛ )و

 

最後までご覧いただきありがとうございました( ^ω^ )